知っておきたい遺産相続に関する法律

MENU
知っておきたい遺産相続に関する法律

知っておきたい遺産相続に関する法律

遺産の相続については相続人がもめるポイントの一つです。できれば一人一人が生前に財産を使い切ってしまうのが一番なのですがそうもいきません。なにかしらの財産がある場合、法律に基づきその相続人が遺産相続の権利を持つことになります。相続人には配偶者や親、子供、兄弟などが含まれる場合が多いですが、個々のケースによって異なります。たとえば配偶者が半分を、子供が二人いた場合には四分の一ずつを相続することになります。しかし、結婚していない場合はいれば親、兄弟が相続人になりますし、結婚していても子供がいなければその兄弟、親が相続人になります。そしてさらに厄介なのは、亡くなったあと隠し子がいたり、愛人がいた場合です。隠し子であっても血がつながっていることが分かれば相続の権利があります。

また遺言書についてももめるポイントの一つです。遺言書は書き方等有効であれば効力を持ちます。ですが、完全にその通りに遺産相続がされない場合もあります。たとえば、自分の遺産は配偶者や子供にではなく、愛人にすべて譲ると書いてあった場合でもその通りに相続はされないケースが多いです。遺留分という制度があり、これに基づいていくらかは本来相続されるはずだった配偶者や子供にも遺産がいくようになっています。わからないことは弁護士に相談するのが一番ですが、知識として持っていても悪くはないと思います。